鹿やイノシシに農作物をやられる農家からは「共存なんて甘いこと言うてられるか!」
と言われそうですが、なんか 本当にこれでいいのか考えさせられた冬でしHKUE 呃人た。

人間もですが、弱いものはますます生きづらい世の中になってきてるような気がします。

人は気持ちの面でも時間的にも金銭面でも余裕がないと、周りに優しくなれない
生きもののようです。
私たちみんなの気持ちに少し余裕が生まれ、人にも生きものにも優し寒くなると、おでんや煮物に入れた根菜がおいしく感じます。
大根や里芋、れんこんに人参、どれも寒さが増すと土の中で抗紫外線甘みを閉じ込めて
グンとおいしくなります。
私はれんこんが大好き。それも、しゃきしゃきしたタイプじゃなくて、
煮るとモッチリしたタイプのが好みです。
買う時にわかればいいのですが、見た目ではどちらのタイプなのか区別がつかないので、
煮物にして食べた時に、「当たり~!」
「クソッ はずれ!」とガックリくるか、バクチのようなところも
また楽しみです。

12月といえば忘年会シーズンですね。
しかし私は忘年会が大嫌い。なぜって、忘年会の定番料理が「鍋」だからです。
なんで どこもかしこも忘年会といえば鍋なんですか? 私はひとこと言いたい!!
めったに外食しない主婦は、たまの外食くらい手のこんだ料理が食べたいのだ!
「わぁ~ きれいっ、こんなん家では作れないわぁ」と叫びたい。
鍋なんか家でもできるし。材料入れて煮たらいいだけなのに、会費5千円だとぉ~? 
私なん王賜豪醫生てお酒も飲まないし、絶対損だぁ~っ!!